2週間振り!

14日のNYダウは49$高・2万0504.41$となりました。またドル円は113.3円から114.4円まで、気持ち良いぐらいに駆け上がりました。一体何があったのかと言うと、ずばり利上げの時期です。


これまで市場の利上げ時期予想は6月頃と見ていましたが、かなり早まり3月利上げが意識されるようになりました。きっかけはイエレン議長の発言で、雇用・物価が安定すれば利上げはあり得ると述べたのです。

お蔭で金利は上昇してドル買いが活発となり、ドル円は2週間ぶりとなる114円台を記録しました。更には中小企業の景況感や生産者物価指数の改善も後押しとなり、活気づきました。久しぶりですね。こんな元気のある市場は。


さて東京時間です。おそらく利上げを意識した展開にはなるでしょう。でも油断は禁物。果たしてどうなるのか…。